とんかつ屋の工夫をホームページ作りに活かす

こんにちは。
このところ痩せ方がハンパない(笑)
ヒロジーコム上空(うえそら)です。

 

あぁ、それなのに
今日はとんかつ屋の話題(笑)

 

みなさん、とんかつ好きですか?

 

私は好きです。

この年齢になっても好きです(笑)

胃なんてもたれるわけがない•̀.̫•́✧

 

社会人になりたてのころ
『恵庭屋』というとんかつ屋さんが
鈴が峰電停の近くにあって
よく行ってました。
→現在は商工センターにあります。『恵庭屋

 

誰と行ってたかは・・・ね!

 

キャベツのおかわり自由と
ごまをすって食べるのが大好きでした(^^)

あと、大根おろしで食べる
『みぞれ』も!

 

また食べに行きたくなってきました。

 

つい最近、
イベントで紙屋町近辺を
うろついたので
ランチの際に近くにあった
松のや』に行ってきました。

一年ぐらい前の開店時にも
たままた機会があって
行ったので
はじめてではありませんが。

とんかつ屋としては
かなりリーズナブルな
お値段なので、
ランチにはちょうどいいですよ。

 

実は私、『松のや』好きです。

安いから?
うまいから?

 

そういった要素も
あるのですが

ちょっとした
工夫がされているところが
好きなんです。

 

その工夫とはコレ。

すべり止め

とんかつではないですよ。
汁椀の下にひいてある
すべり止めです。

汁椀って勝手に
移動していくことがありますよね。

そうならないための
工夫だと思うのですが、
以外とやっているお店は少ない。

だからこういう気配りがある
お店は好きなんです。

 

それから、
カウンターの下に
手荷物を置くスペースが
あるのですが
ここも工夫されていて
少しだけ斜めになっていて
荷物が落ちるのを
防げるようになっているのです。

 

せっかくスペースがあっても
まっすぐだと
置いた服などが
落ちることもあるんですよね。

 

私がお店をやっていたら
すぐさま真似をしてしまいそうです(^^)

 

まったく同じことは
ホームページにはありませんが
お客様の立場になって
バリアーをとることが大切なのは
ホームページも一緒です。

 

このようにお客様が
ちょっと嬉しくなるような心遣いを
意識しておいてください。

ホームページのユーザビリティ向上にも
意識が向くようになります。

 

「子育てするには地域から。」という想いから、地域を大切にする事業者さん、病院、クリニック、福祉、子育て支援団体のWebサイト制作と情報発信のお手伝いをします。お気軽にご相談ください。
友だち追加数