ランサムウェアの被害にあわないために!ちょっとでもおかしいメールの添付ファイルは開かない!

(2017.0515現在の情報です)
こんにちは。ヒロジーコム上空です。

先日よりランサムウェア
「WannaCryptor」の攻撃
世界的に被害が
拡がっていることは
テレビやインターネットの
ニュースでご覧になっていると思います。

ランサムウェアとは
感染したパソコンのファイルなどを
使えないようロックをして、
その解除と引き換えに
身代金を要求するプログラムのことです。

感染

もちろん、お金を払ったからと言って
解除される保証はありません。

今回のランサムウェアは
Windowsの複数のコンピュータの間で
共有を行うためのサービスである
SMBサーバーの脆弱性※をついたもので、
ネットワーク上で
どんどん拡大をしていくもののようです。

※セキュリティ上の欠陥

感染経路がしっかり書いてある記事に
至らなかったのですが、
IPA(独立行政法人 情報処理推進機構)の
サイトによれば

メールの添付ファイルから
感染する等の方法が
用いられているようです。

だから少しでもおかしいと思った
メールの添付ファイルは
絶対に開かないことです。

また、今回のような脆弱性をついてくるプログラムについて
脆弱性を修正するプログラムをインストールすること。

そしてセキュリティソフトを最新の状態にしておくことです。

詳細はIPAのサイトをご覧ください。

なお、サポート対象の
Windows 10/8.1/7/Vistaについては、
修正プログラムが3月に提供されています。

今回被害を受けているのは
サポートが終了している
XPなどとありましたが

サポート対象のものについても
念のためインストールされていない

重要な更新プログラムがないか
確認をしておいてくださいね。

お使いのパソコンのメニューから
WindowsUpdate→「更新プログラムの確認」で確認できます。

このブログを書いている間に
「るるぶトラベル」を装った不審メールが出回る 添付ファイルに注意
といったニュースも出てました。

とにかくしっかりと
自分自身や事業を守るべく
セキュリティ対策をしておきましょう。