耳が痛くなる自分の行動を否定したらどうなるか

こんにちは。実は卑屈な(笑)ヒロジーコム上空です。

このところのサイトマップシリーズで
そろそろお腹いっぱいの人も
いらっしゃるかと思いますので
今日は少しユルめのお話しで^^;

いつも冒頭で
「こんにちは。●●●なヒロジーコム上空です。」
みたいな感じで、
その後の文章にひっかけた
ことを書いています。

実はこの一行に結構時間が
かかっているときがあります。

パッと思い浮かぶときもあるんですが
そうでないことがほとんど。

冒頭の文章なのに、
一番最後に考えているんですね。

本文にあわせたものなので
当然といえば当然ですが^^;

でもね、なかなかつかみはOK!
これはウケる!と確信が
持てることは書けていないかも・・・

アフロくん
ウケると言えば、
家族でいるときには
必ずといっていいほど
常に子どもにウケることを
考えてます。

それなのに、渾身の一発を
言ったつもりがシラーっと
スルーされることも。

ウケないときのウチの家族の
仕打ちと言ったらひどいものです(笑)

太ってるからいけないとか

酒飲みすぎだとか

帰るのが遅いとか

・・・それ、今ウケなかったことと
関係ないじゃん。
こんなこと言われたら卑屈になります(T_T)

普段ココロの広い?私でも、
あまりの仕打ちに逆ギレしそうに
なることもありますが、

いつも私のためを思って
言ってくれているのだなと
都合の良い解釈をしてます。

そして、これらの耳が痛い言葉は
すべて事実なんですよね。
だから腹が立つんです。

どうしたら気が収まるか。

逆ギレしてやりかえす?

黙っていじける?

いえいえ、耳が痛くないように
自分の行動を変えればいいんです。

行動を変えることには
勇気が必要です。

だって、今までの自分の
行動を否定するのですから。

良かれと思ってやっているのなら
いざしらず、ココロのうちでは
やめようと思っていることだから
耳が痛いんですもん。

だったら、ちょっとだけ
耳の痛くなる自分の行動を
否定してみたらどうなるか
試してみるのもいいですよね!

よし試そう。