Googleアナリティクスでお客様を誘導できているか検証

こんにちは。
口下手だけど
褒められるとじょう舌(笑)
ヒロジーコム上空です。

 

あなたは人前でよく喋りますか?

 

私は覚悟を決めれば
少しは喋れますが
それでも決してうまくは喋れません。

朝の番組で台風情報の合間に
夏フェスの様子が
放送されているのを
観たのですが、
ミュージシャンは
歌もうまいけど喋りもうまい。

私だったらOKベイベだけ
言ってそう(笑)

 

そんな私でも
もちろんお得意様のところに行けば喋ります。

 

対面のときは当たり前ですが、
実はその前段階・・・

お得意様へ資料を
お送りするときに
メールだけ送ってしまって
「どうでしょうか」と
いうすることがありました。

自分の中で「これで大丈夫だろう」
という気持ちが
あるから、
メールだけになっていたのですが、

予備知識のないお客様にとっては
それだけでは
ちんぷんかんぷん
なんですね。

自分の立場であれば
自分の都合の
良いように考えてしまい

相手のことは「~だろう」と
自分が想像しただけの
目線になっています。

 

来訪者が迷わないホームページにづくりにGoogleアナリティクスを使う

ホームページにも同じことが言えます。

思い込みの「~だろう」だけでは

来訪者がクリックするのは
1.バナーのような画像なのか
2.ムービーなのか
3.はたまた一覧表なのか

そこをクリックして
サイト内のどこに行ったのか
それとも別ののサイトへ
行ったのか

検証をしてみないとわかりません。

 

それらを検証できる
もっとも有名な
アクセス解析のツールは
Googleアナリティクス

使われたこともあるかもしれません。

せっかく作成した
かっこいいスタイリッシュな
ホームページでも

来訪者が目的とするものを
クリックをして
情報にたどり着いたり
お問い合わせをして
くれなければ意味がありません。

 

コンテンツの内容は
何よりも大切な条件。

次に大切なのは
しっかりナビゲート
できるかどうかです。

 

Googleアナリティクスで
まずは自分のホームページが
どんな状態か知っておきましょう。

 

もしも導入でお困りならご相談ください。
相談1時間は無料です(^^)

地域を大切にする事業者さん、病院、クリニック、福祉、子育て支援団体のWebサイト制作と情報発信のお手伝いをするヒロジーコムへご相談ください。
友だち追加数