Instagramを二段階認証で乗っ取りから守る

こんにちは。
二段階認証は絶対必要と
声を大にして言いたい
ヒロジーコム上空です。

志村けんさんのInstagramが
不正アクセスをされて
局部画像が投稿されたようです。
http://news.livedoor.com/article/detail/12957442/

不正アクセスつまり「他人による乗っ取り」。

悪い人

Instagramが乗っ取られると
志村さんのように
わいせつな画像が
投稿されたり
プロフィールが改ざんされたりします。

芸能人だから乗っ取られるんじゃないの?
私には関係ないわ

と思われている方。
もちろん芸能人のような有名な人は
ターゲットにされやすいですが、
一般の人でも乗っ取り被害にあう人はたくさんいらっしゃいます。

以前書いたように
簡単なパスワードだと
悪意のある人には
すぐ見破られます。

パスワードを複雑に
することは当然ですが、
それだけだと
パスワードが漏れたら
どんなに複雑なものでも
乗っ取られてしまいます。

だから二段階認証にしておく
必要があるのです。

二段階認証って?

二段階認証って何でしょう。

二段階認証は現在、
さまざまなサービス(アプリ)に
導入されています。

アカウントとパスワードだけでなく
もうひとつ別の方法で本人確認をする方法です。

設定をすると多くの場合、
初めて利用するパソコンなどで
ログインを試みた場合に
6桁の数字を記した
ショートメッセージが
携帯電話へ送られます。

その数字をサービス(アプリ)に
入力することで
初めてログインができます。

つまり、携帯電話を
持っている本人しか
認証できないので、
乗っ取られないという手段なのです。

(他にも指定した電話番号へ
音声メッセージを送るような
ものもあります。)

Instagramで二段階認証をする方法

右上の3つの●をタップします。
Instagramスクリーンショット

「アカウント」から「二段階認証」をタップします。
Instagramスクリーンショット

セキュリティ−コードをオンにします。
Instagramスクリーンショット

スマホに来たセキュリティコードを入力したら完了です。
Instagramスクリーンショット

手元に携帯電話がないときに
あらかじめバックアップされた
番号を入力するという方法もあります。
二段階認証設定後に出て来るので
必要であれば、こちらも手元に控えておいてください。

まずはこれで一安心。
でも携帯電話が盗まれると
元も子もありません。
紛失、盗難には十分注意して下さい。

自分の身は自分で守る。
乗っ取られてからでは遅いですよ。

あ、そういえば明日
こんなセミナーをやりますよ。
改正個人情報保護法対応セミナー
(PDFが開きます)

個人の方のInstagramが
乗っ取られただけならまだしも
個人情報を扱う事業者さんが
そんなことになっては
信用が失墜します。

セキュリティに対する意識を
この機会に高めましょう!

LINEで送る
Pocket