検索エンジン向けのサイトマップを簡単につくる

こんにちは。
今日もちょっと真面目(笑)
ヒロジーコム上空です。

パソコンに向かう人

昨日は人間にも検索エンジンにも
地図(サイトマップ)が必要
ですと書きました。

検索エンジン向けのサイトマップは
こんな様式で書きます。

<url>
<loc>http://www.hiro-g.com/service/tool</loc>
<lastmod>2013-10-31T03:34:58+00:00</lastmod>
<changefreq>weekly</changefreq>
<priority>0.6</priority>
</url>




あれれ、頭痛くなりました?

書けないですよね。
分かっても書くのが面倒(T_T)

そんなときは
インターネットの力を借りましょう。

以下の2つは
検索エンジン向けのサイトマップを
作成してくれる
代表的なサービスです。

サイトマップを作成-自動生成ツール「sitemap.xml Editor」

サイトマップを作成-自動生成ツール「sitemap.xml Editor」

http://www.sitemapxml.jp/

自分のホームページのURLを入力して、
オプションの設定をするだけ。
1,000ページ(URL)まで対応しています。

オプションは

  • 最終更新日:lastmodの自動取得
    する
  • サイトの更新頻度
    サイトの更新頻度を指定してください。
    ここの指定があってもそのとおりに
    検索エンジンが見てくれるわけではありません。
  • 優先度:priorityの自動設定する
    ページの優先度を表します。
    どのページを優先的に
    登録するかだけなので、
    検索の順位に
    影響するわけではありません。
  • 除外ディレクトリ
    特になければ空白にしおきましょう。
  • 同一タイトルURLの除外
    通常は「しない」でよいです。

XML Sitemaps Generator

XML Sitemaps Generator

https://www.xml-sitemaps.com/

英語のサイトです。
でも難しくないですよ。
こちらは最大500ページ(URL)

  • Starting URL
    ホームページのURLを入力します。
  • Change frequency
    ホームページの更新頻度を指定してください。
    ここの指定があってもそのとおりに
    検索エンジンが見てくれるわけではありません。
  • Last modification
    最終更新日を指定します。
    None・・・記載しない
    Use server’s response・・・自動取得
    Use this date/time・・・自分で決めて書く
    自動で良いです。
  • Priority
    優先度です。
    自動で取得するなら
    Automatically Calculated Priorityを選択します。
  • Startボタンを押せば生成されます。
    有料バージョンだと
    50,000URLまで可能だそうです。

なかなか50,000ページある人は
いらっしゃらないですよね^^;

次回は作ったサイトマップを
ホームページが掲載されている
場所に入れていきます。

LINEで送る
Pocket